ボトックスでエラ解消|顔をスリムにできる手軽さ

サイトメニュー

食いしばりの予防もできる

注射

術後は体を温めない

フェイスライン肥大の原因の一つとして、エラの発達があります。生まれつきの骨格によって張っている場合もありますが、食いしばりや歯ぎしりなどの後天的な習慣により、咬筋が発達してエラとなってしまうことがあります。ボトックス治療は、咬筋によって肥大したエラを委縮させる作用があり、理想的な小顔へと導いてくれる治療です。エラボトックスを受けるメリットとしては、注射だけの手軽な治療ですっきりとしたフェイスラインを手に入れられることが一番ですが、筋肉の働きを弱めるため、無意識で行っている食いしばりや歯ぎしりを予防することもできます。食いしばりや歯ぎしりは、時には歯並びを悪くしたり歯の非弱化だったりにもつながるため、ボトックス治療で筋力を弱めることで間接的に口腔環境を守ることもできるのです。また、即効性のある施術ではないため徐々に小顔へと近づいていき、治療を受けたことを他人に気付かれるリスクも少なくなります。重篤な副作用なども報告されておらず、安心して受けられる施術です。体への負担が少なくダウンタイムも必要ないことから、エラを縮小して小顔を目指す人に注目されているボトックス治療ですが、より効果を高めるためにはいくつか気を付けるべきことがあります。まずは、できるだけボトックスの効果を長持ちさせるために、施術を受けてから3日程は血行を促進して体を温めることは避けるということです。なぜなら、ボトックス製剤は熱によって分解されるという性質を持つため、体が温まると効果が薄れる可能性があるのです。施術を受けた当日は湯船には浸からず、シャワーだけで済ませるようにしましょう。また、飲酒や運動は血流を高め体温を上昇させるので、3日程は我慢するのが無難です。その他、血流を高めるとともに患部を刺激して内出血を引き起こす可能性がある顔のマッサージも、しばらくは避けたほうが良いでしょう。ボトックスのエラ治療の後これらの事に気を付けて過ごすだけで、より高い効果を得られる可能性が高まります。効果の持続期間が長いほど金銭的な負担も少なくなるため、忘れずに実践してください。

Copyright© 2018 ボトックスでエラ解消|顔をスリムにできる手軽さ All Rights Reserved.